交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

三重県で交通事故に強い弁護士に無料相談!

交通事故問題は弁護士に依頼

三重県内で交通事故が得意な弁護士をお探しの方へ

当サイト「交通事故弁護士ZEROゼロ」では、三重県で交通事故に強い弁護士事務所に相談することで精神的な不安がなくなり、賠償金(慰謝料)の増額や後遺障害の等級認定・むち打ち症から、脊髄損傷等の重症事案、死亡事故にいたるまで、多種の交通事故問題を取り扱っております。弁護士は貴方の代わりに示談交渉を行いますので安心です。
まずはお気軽に無料相談してみてください。

弁護士による交渉で示談金の賠償額が増える可能性があります!

弁護士依頼で慰謝料がアップした

交通事故の賠償基準は3種類あります。

自賠責保険基準

自賠責保険基準は、自動車損害賠償責任保険の保険金等の支払額算定にあたって用いられる基準であり、最低額又は基本保障の意味合いが強いものです。

任意保険基準

任意保険基準は、各保険会社が定めている支払額算定基準です。自賠責保険基準と重なる部分が多くあります

裁判所基準

裁判所基準は、裁判所で採用している支払額算定基準であり、原則的には、被害者にとって最も有利・手厚い基準です。

保険会社は示談の際、支払う賠償金の額をできるだけ低く抑えようとしますので、「裁判所基準」ではなく、「自賠責保険基準」または「任意保険基準」に従った額を提示してきます。
これを知らずに保険会社の提示してきた金額で同意してしまうと、本来もらえるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまうこともあります。
保険会社は弁護士が示談交渉に介入すると、その後、裁判になることを想定して示談金額を上げてきます。
したがって、弁護士に相談することで適正な賠償金を得ることができるようになります

保険会社が被害者の方に提示してくる示談金額は「自賠責保険基準」または「任意保険基準」で算出してあることがほとんどです。

保険会社から示談金が提示されたら、まずは弁護士にご相談ください。

交通事故と民事裁判について

交通事故の民事裁判は保険会社との示談交渉や調停が決裂した場合や、加害者が提示した損害賠償に交通事故被害者が賠償額に満足できず訴訟した場合などに双方の主張を法廷で述べて解決を図る場です。

実際に民事裁判を起こす際は被害者の所在地、加害者の所在地、交通事故が発生したエリア、いずれかを管轄する裁判所に訴状を提出する必要があります。
被告に対する請求額が140万円未満なら簡易裁判所、140万円以上の場合は地方裁判所が提起先となります。

交通事故の民事裁判なら弁護士に依頼

交通事故の被害者が民事裁判をすすめるとき、弁護士に依頼しなくても、自分の権利に関することなら被害者本人が一人で訴訟手続をすすめることは可能です。しかし、訴訟を提起し加害者側に弁護士が付いた場合、被害者本人が法律の専門知識を有していない場合は不利な情勢になってしまい、裁判に負ける可能性が大きいと思われます。訴訟を有利に進めるために、弁護士に依頼することで勝訴を狙わなくてはいけません。弁護士に依頼すれば煩雑な裁判の手続きも被害者の代理人として任せることができ、更に過去の交通事故判例をもとに正当な賠償金を主張し損害賠償の増額を狙えますので、ここは弁護士に相談することをおススメします。

三重県管内の裁判所について

裁判所

地方裁判所

  • 津地方裁判所
    三重県津市中央3-1
  • 津地方裁判所 松坂支部
    三重県松阪市中央町36-1
  • 津地方裁判所 伊賀支部
    三重県伊賀市上野丸之内130-1
  • 津地方裁判所 四日市支部
    三重県四日市市三栄町1-22
  • 津地方裁判所 伊勢支部
    三重県伊勢市岡本1-2-6
  • 津地方裁判所 熊野支部
    三重県熊野市井戸町784

簡易裁判所

  • 津簡易裁判所
    三重県津市中央3-1
  • 松坂簡易裁判所
    三重県松阪市中央町36-1
  • 伊賀簡易裁判所
    三重県伊賀市上野丸之内130-1
  • 四日市簡易裁判所
    三重県四日市市三栄町1-22
  • 伊勢簡易裁判所
    三重県伊勢市岡本1-2-6
  • 熊野簡易裁判所
    三重県熊野市井戸町784
  • 鈴鹿簡易裁判所
    三重県鈴鹿市神戸3-25-3
  • 桑名簡易裁判所
    三重県桑名市吉之丸12
  • 尾鷲簡易裁判所
    三重県尾鷲市中央町6-23

三重県の交通事故情報

三重県の交通事故発生件数

平成30年に三重県で発生した交通事故発生件数4,687件で前年比754件の減少となった、これは全国21位でした。

三重県の死傷者数

負傷者は6,136人で前年比より977件の減少と交通事故で亡くなった人の数は87人で前年比1人の増加ですが、死者数は全国ワースト9位です。

10万人あたり死者数4.83人です。全国ワースト3です。

区分平成30年平成29年増減数
人身事故4,687件5,441件-754件
死者数87人86人+1人
負傷者数6,136人7,113人977人
物損事故55,885件56,464件-579件

中部管区内の交通事故発生状況

区分人身事故死者数負傷者数
富山2,839件54人3,300人
石川2,642件28人3,085人
福井1,398件41人1,589人
岐阜4,860件91人6,394人
愛知35,258件189人42,548人
三重4,687件87人6,136人

警察署別交通事故発生状況

区分人身事故件数死  者  数傷  者  数
高 速 隊192件8人408人
桑 名351件7人466人
い な べ92件0人121人
四日市北333件1人415人
四日市南616件6人789人
四日市西156件4人185人
亀 山88件0人111人
鈴 鹿586件11人759人
587件8人770人
津 南284件5人354人
松 阪444件7人555人
大 台29件2人34人
伊 勢398件10人500人
鳥 羽123件5人169人
尾 鷲56件2人69人
熊 野21件2人22人
紀 宝38件1人48人
伊 賀131件3人158人
名 張162件5人203人
合 計4,687件87人6,136人

高齢運転の交通事故発生状況

区分人身事故死亡事故
原付車以上車両運転者4,494件74件
うち若年運転者741件11件
うち高齢運転者968件22件

※高齢運転者は、65歳以上としている。

運転免許証自主返納サポートみえ

運転免許の自主返納制度について

制度の概要

運転免許の自主返納制度とは、加齢に伴う身体機能や判断力の低下などにより、運転に不安を感じる方が、自主的に運転免許の取消し(全部取消し又は一部取消し)を公安委員会に申請することができる制度で、平成10年4月の道路交通法改正から開始されました。

高齢運転者の交通事故発生状況

西暦2060年には、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上となる社会が到来する(「内閣府:平成28年版高齢社会白書」より)と言われています。県内の交通人身事故発生件数が減少している中、第一当事者が原付以上の事故に占める高齢運転者の割合は、平成20年から平成29年までの10年間で、約1.3倍に増加しています。

「運転免許証自主返納サポートみえ」について

県内では、運転免許証を自主返納された方や、高齢者の方を対象に各種のサポートが行われています。サポート内容の詳細は、下記をご覧ください。

三重県で事故件数が多かった交差点

平成29年の交通事故のワースト交差点は5個所で23件の事故が発生しました。
自動車の追突事故は良く前方車両を見ておらず追突したケースや交差点を横断する歩行者に対し安全確認が不十分であったりするケースがほとんどです。
周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で通行するよう、心がけましょう。

順位発生場所事故の被害状況
ワースト1高向交差点軽傷事故6件発生
ワースト2上野町交差点死亡事故1件、軽傷事故4件発生
ワースト3金場町交差点重傷事故2件、軽傷事故2件発生
ワースト3磯山駅前交差点重傷事故1件、軽傷事故3件発生
ワースト3長屋1交差点重傷事故2件、軽傷事故2件発生

日本損害保険協会データーより

全国の弁護士を探す

交通事故の弁護士対応地域|三重県

津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市・名張市・尾鷲市・亀山市・鳥羽市・熊野市・いなべ市・志摩市・伊賀市・木曽岬町・東員町・菰野町・朝日町・川越町・多気町・明和町・大台町・玉城町・度会町・大紀町・南伊勢町・紀北町・御浜町・紀宝町