交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

後遺障害等級認定ついて

交通事故で後遺障害が残った画像

交通事故の後遺障害とは?

交通事故によって傷害が将来においても回復の見込めない状態(病状固定)となり、交通事故とその病状固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、その存在が医学的に認められる(証明できる・説明できる)もので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠責法施行令の等級に該当するものと定義されています。

交通事故により傷害し、一定の治療の末残ってしまった症状(後遺症)のうち、上記の要件を満たしたものを後遺障害として等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象としています。単なる後遺症では保険料が支払われないこととなります。

後遺障害に認めてもらうためには?

症状固定後に自賠責に対して「後遺障害等級」の認定申請をします。そして、自賠責によって等級認定されれば「後遺障害」が残った、ということになります。これが後遺障害等級認定、一般的に後遺障害認定(または後遺症認定)と言われています。

上位の後遺傷害等級を獲得するには?

後遺障害等級認定の申請方法には2通りのやり方があります。事前認定と被害者請求です。

加害者側保険会社に代わってやってもらうのが「事前認定」、被害者自らが申請するのが「被害者請求」です。

事前認定とは

保険会社がすべての手続きをやってくれるので便利です。しかし相手側の保険会社が手続きを行うのです、どこまで綿密にやってくれるのかという疑問があります。また書類などは必要最低限のものだけを提出わけですから、そこに落とし穴があります。

被害者請求とは

被害者請求は、自らが主張する申請で書面はもちろんのこと、きちんと整えて申請されます。しかし、あくまで被害者自身で適切な書面を用意しなければなりませんので、後遺障害等級認定に関し、適切なポイントを押さえた書面を提出できなければ、かえって等級認定されないということもありえます。

全国の弁護士を探す