交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

解決までの流れ

交通事故発生画像

交通事故発生から解決までの流れを説明いたします。

交通事故発生

交通事故にあってしまったら、まずは気持ちを落ち着かせ、ケガをされた方の救護や道路上の危険防止措置を取ったうえで、警察への連絡を行ってください。加入している保険会社への連絡も併せて行ってください。

その場での示談はしないようにして下さい。

事故直後より、弁護士に相談されることをおすすめします。今後の進め方などのアドバイスを受けてみましょう。まずは弁護士の無料相談をご利用して頂き、わからない事などがあれば、今後の対応策などのアドバイスを受けてみましょう。

icon-caret-square-o-right 事故発生時の対応

 

治療・通院

まずは治療に専念して下さい。通院することにより、多少痛みが緩和され仕事の忙しさなどにより、通院しなかった場合、通院の回数が少なかった場合後遺障害の等級が受けられない可能性もあり、適切な損害賠償額を受け取ることができない可能性もありますので、治療に専念して下さい。

通院中に示談交渉を行ってくる保険会社もいますので、決して示談しない様にして下さい。示談の話が入ってきたら、交通事故に特化している弁護士に相談しアドバイスを受けることをおすすめいたします。

 

 icon-male 症状固定

症状固定とは、これ以上の治療を続けても、今以上に症状の回復が見込めない状態のことです。基本的には、交通事故で後遺症が残った場合に、担当医からこの診断を受けることになります。 後遺症が残った場合は、後遺障害等級認定を申請しますが、適正な後遺障害等級を受けられない場合がありますので、交通事故問題に特化している弁護士に相談されることをおすすめします。

icon-hand-o-right 後遺障害等級とは

 

示談交渉

示談交渉する相手は、加害者が加入している保険会社が相手となります。示談交渉は直接行っても問題ありませんが、仮に今回の事故で、被害者側に過失が発生していた場合も想定されますので、交通事故に特化している弁護士に依頼されることをおすすめします。

icon-hand-o-right 過失割合・過失相殺とは

 

 

 icon-thumbs-o-up 示談成立

 icon-legal 示談不成立⇒裁判

お互いの損害額や責任割合等について合意が得られた場合に示談が成立します。

icon-hand-o-right 示談合意得られないケースとは

交通事故の示談交渉で、合意に至らない場合は裁判所での「調停」へと進みます。更に合意に至らない場合は、「裁判」で決着を着けることになります。

icon-hand-o-right 裁判となるケースとは

示談交渉や裁判となった場合は、交通事故に特化している弁護士に依頼されることをおすすめします。

 

損害賠償の受け取り

 

全国の弁護士を探す