交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

広島県で交通事故に強い弁護士に無料相談・解決へ!

交通事故問題は弁護士に依頼

広島県内で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

当サイト「交通事故弁護士ZEROゼロ」では、広島県で交通事故に強い弁護士事務所に相談することで精神的な不安がなくなり、賠償金(慰謝料)の増額や後遺障害の等級認定・むち打ち症から、脊髄損傷等の重症事案、死亡事故にいたるまで、多種の交通事故問題を取り扱っております。弁護士は貴方の代わりに示談交渉を行いますので安心です。
まずはお気軽に無料相談してみてください。

弁護士による交渉で示談金の賠償額が増える可能性があります!

弁護士依頼で慰謝料がアップした

交通事故の賠償基準は3種類あります。

自賠責保険基準

自賠責保険基準は、自動車損害賠償責任保険の保険金等の支払額算定にあたって用いられる基準であり、最低額又は基本保障の意味合いが強いものです。

任意保険基準

任意保険基準は、各保険会社が定めている支払額算定基準です。自賠責保険基準と重なる部分が多くあります

裁判所基準

裁判所基準は、裁判所で採用している支払額算定基準であり、原則的には、被害者にとって最も有利・手厚い基準です。

保険会社は示談の際、支払う賠償金の額をできるだけ低く抑えようとしますので、「裁判所基準」ではなく、「自賠責保険基準」または「任意保険基準」に従った額を提示してきます。
これを知らずに保険会社の提示してきた金額で同意してしまうと、本来もらえるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまうこともあります。
保険会社は弁護士が示談交渉に介入すると、その後、裁判になることを想定して示談金額を上げてきます。
したがって、弁護士に相談することで適正な賠償金を得ることができるようになります

保険会社が被害者の方に提示してくる示談金額は「自賠責保険基準」または「任意保険基準」で算出してあることがほとんどです。

保険会社から示談金が提示されたら、まずは弁護士にご相談ください。

広島県の交通事故情報

広島県の交通事故発生件数

平成30年に広島県で発生した交通事故発生件数7,582件で前年比1,302件の減少となった。全国9位でした。

広島県の死傷者数

負傷者は9,277人で前年比より1,800件の減少と交通事故で亡くなった人の数は92人で前年比1人の増加です。10万人あたり死者数3.25人、高齢者の比率:58.7%でした。

高齢者(65歳以上)の死者数は、54人で前年より5人増加しています。飲酒運転による人身事故は前年より16件(6人)減少しているものの、76件発生し4人が死亡しています。

交通事故発生状況(平成30年12月末)

区分平成30年平成29年増減数
事故発生件数7,582件8,884件-1302件
負傷者数9,277人11,077人-1,800人
死者数92人91人-1人

高齢者交通事故

区分平成30年平成29年増減数
事故発生件数3,064件3,343件-279件
死者数54人49人-1人

飲酒運転による交通事故

区分平成30年平成29年増減数
事故発生件数76件92件-16件
死者数4人6人-2人

高齢ドライバーの方へ

広島県では,高齢ドライバーによる交通事故が増えており交亡事故にもつながっています。大きな事故を起こしてしまう前に,次のことを理解しましょう。

体の衰えを知ること

年をとったことにより,体力,視力,聴力などが衰えており,危険の発見や反応が遅れてしまい,交通事故につながるおそれがあります。
・交差点で出会い頭事故に注意する
・見通しが悪ければ,ゆっくり進む(徐行する)
・一時停止のある交差点ではしっかり停車

サポカー・サポカーSに乗ること

・車を買い替えるときには,自動ブレーキなどの付いたサポカー・サポカーSを検討しましょう。
・自動ブレーキや踏み間違い防止装置で運転ミスをサポートし交通事故を防ぐ効果があります。
(ただし,万能なものではありません)

運転免許証自主返納について

・運転免許証を返納され運転経歴証明書をお持ちの方には,自治体による支援やタクシーなどの運賃割引制度があります。

詳しくは、警察署へお問合せください。

交通事故と民事裁判について

交通事故の民事裁判は保険会社との示談交渉や調停が決裂した場合や、加害者が提示した損害賠償に交通事故被害者が賠償額に満足できず訴訟した場合などに双方の主張を法廷で述べて解決を図る場です。

実際に民事裁判を起こす際は被害者の所在地、加害者の所在地、交通事故が発生したエリア、いずれかを管轄する裁判所に訴状を提出する必要があります。
被告に対する請求額が140万円未満なら簡易裁判所、140万円以上の場合は地方裁判所が提起先となります。

交通事故の民事裁判なら弁護士に依頼

交通事故の被害者が民事裁判をすすめるとき、弁護士に依頼しなくても、自分の権利に関することなら被害者本人が一人で訴訟手続をすすめることは可能です。しかし、訴訟を提起し加害者側に弁護士が付いた場合、被害者本人が法律の専門知識を有していない場合は不利な情勢になってしまい、裁判に負ける可能性が大きいと思われます。訴訟を有利に進めるために、弁護士に依頼することで勝訴を狙わなくてはいけません。弁護士に依頼すれば煩雑な裁判の手続きも被害者の代理人として任せることができ、更に過去の交通事故判例をもとに正当な賠償金を主張し損害賠償の増額を狙えますので、ここは弁護士に相談することをおススメします。

広島県管内の裁判所について

裁判所

地方裁判所

  • 広島地方裁判所
    広島県広島市中区上八丁堀2-43
  • 広島地方裁判所 呉支部
    広島県呉市西中央4-1-46
  • 広島地方裁判所 尾道支部
    広島県尾道市新浜1-12-4
  • 広島地方裁判所 福山支部
    広島県福山市三吉町1-7-1
  • 広島地方裁判所 三次支部
    広島県三次市三次町1725-1

簡易裁判所

  • 広島簡易裁判所
    広島県広島市中区上八丁堀2-43
  • 呉簡易裁判所
  •  広島県呉市西中央4-1-46
  • 尾道簡易裁判所
    広島県尾道市新浜1-12-4
  • 福山簡易裁判所
    広島県福山市三吉町1-7-1
  • 三次簡易裁判所
    広島県三次市三次町1725-1
  • 東広島簡易裁判所
    広島県東広島市西条朝日町5-23
  • 加部簡易裁判所
    広島県広島市安佐北区可部4-12-24
  • 大竹簡易裁判所
    広島県大竹市白石1-7-6
  • 竹原簡易裁判所
    広島県竹原市竹原町3553
  • 府中簡易裁判所
    広島県府中市鵜飼町542-13
  • 庄原簡易裁判所
    広島県庄原市西本町1-19-8

広島県で事故件数が多かった交差点

平成29年の交通事故のワースト交差点は5個所で53件の事故が発生しました。

自動車の追突事故は良く前方車両を見ておらず追突したケースや交差点を横断する歩行者に対し安全確認が不十分であったりするケースがほとんどです。
周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で通行するよう、心がけましょう。

順位発生場所事故の被害状況
ワースト1南竹屋町交差点死亡事故が1件、重傷事故が1件、軽傷事故が9件発生
ワースト1府中分かれ交差点重傷事故が2件、軽傷事故が9件発生
ワースト1先小倉交差点重傷事故が2件、軽傷事故が9件発生
ワースト4出汐町交差点重傷事故が1件、軽傷事故が9件発生
ワースト4県立広島大前交差点重傷事故が2件、軽傷事故が8件発生

日本損害保険協会データーより

全国の弁護士を探す

交通事故の弁護士対応地域|広島県

広島市・呉市・竹原市・三原市・尾道市・福山市・府中市・三次市・庄原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・府中町・海田町・熊野町・坂町・安芸太田町・北広島町・大崎上島町・世羅町・上石高原町