交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

フレア法律事務所解決事例【40代・女性・会社員】保険会社からの示談提示の金額に納得できない

 

性別女性
年齢40代
職業会社員
事故直後の診断頚椎捻挫、右上腕骨外顆骨挫傷、左脛骨外顆骨挫傷
後遺障害なし

提案と示談金額

事前提示148万円
示談金額212万円
増えた金額64万円

事故の状況

ランニング中に横断歩道を渡っていた際、右折しようと曲がってきた車にはねられて転倒し、骨折等はありませんでしたが事故後約3か月間入院するケガを負いました。

満足度アップのポイント

入院中に一度フレアに今後の流れのご相談をされましたが、弁護士費用を心配されその時はご依頼には至りませんでした。
その後、治療を終えられ、後遺障害申請を保険会社にお願いしましたが結果は「非該当」でした。そして、保険会社から送られてきた示談金額に納得ができず、改めてフレア法律事務所に相談をされました。
フレア法律事務所は、後遺障害申請の異議申立によって等級が認められる可能性があるかを検討しましたが、非該当の結果を覆す材料が乏しいこともあり等級認定を受けることは難しい旨の判断をし、せめて適正な金額の賠償金を保険会社に支払ってもらえるよう弁護士が交渉を行いました。
弁護士による交渉の結果、事前に保険会社から提示を受けていた金額から約64万円増額での示談がまとまり、弁護士費用を差し引いてもお手元には事前提示額を上回る金額の慰謝料等が残ったことで、解決結果にご満足されました。

福岡市のフレア法律事務所で解決した交通事故の解決例です。弁護士に依頼すると損害賠償額が上がる可能性が大きいです。
電話番号
メール相談フォーム

交通事故の慰謝料には3つの算出基準があります。

自賠責基準が後遺障害の慰謝料額を検討する上で『最低基準』と言われています。

任意保険基準は、保険会社の独自の基準により算出されていますが、その基準は公表されていません。一般的には自賠責基準より少し高めくらいの金額で弁護士基準より低いと言われています。

弁護士基準が最も高額です。過去の交通事故裁判における支払判決に基づく基準で、計算方法や金額については、「損害賠償額算定基準」に記載されているもので示談交渉を行います。

どの基準で計算するかによって慰謝料の相場は上下変わりますので、保険会社から示談金の提示があった場合は弁護士にご相談下さい。

また、後遺障害の等級や過失割合についても納得できない場合も相談して下さい。

後遺障害11級で慰謝料が増額する画像

後遺障害11級のケースを想定しています。