交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

フレア法律事務所解決事例【50代・女性・主婦】保険会社とのやり取りが精神的に苦痛

50代女性の画像

性別女性
年齢50代
職業主婦
事故直後の診断肋骨骨折、頚椎・腰椎捻挫
後遺障害14級

提案と示談金額

事前提示なし
示談金額362万円
増えた金額362万円

事故の状況

交差点内を青信号で直進中に、対向車線の車が無理やり右折しようとして車と衝突し、その際の衝撃で肋骨骨折のケガと首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度アップのポイント

事故後の保険会社とのやり取りを精神的に苦痛に感じて、弁護士に間に入ってほしいということでフレアに相談されました。
弁護士費用特約を使用して以後の手続き一切をフレアに依頼したことで保険会社とのやり取りから解放され、精神的な負担が軽くなったことを喜ばれて治療に専念されました。
事故から半年後、医師から症状固定の判断を受けました。
しかし、まだ、骨折をした肋骨のあたりや首・腰に痛みが残っていましたので後遺障害の申請を希望され、フレアはそのサポートをさせていただきました。
後遺障害申請の結果、無事に残存していた症状は後遺障害14級の認定を受けることができ、その後の弁護士による損害賠償金の請求を経て、約362万円の損害賠償金を保険会社から支払ってもらうことができ、解決結果に満足されました。
福岡市のフレア法律事務所で解決した交通事故の解決例です。弁護士に依頼すると損害賠償額が上がる可能性が大きいです。
電話番号
メール相談フォーム

交通事故の慰謝料には3つの算出基準があります

自賠責基準が後遺障害の慰謝料額を検討する上で『最低基準』と言われています。

任意保険基準は、保険会社の独自の基準により算出されていますが、その基準は公表されていません。一般的には自賠責基準より少し高めくらいの金額で弁護士基準より低いと言われています。

弁護士基準が最も高額です。過去の交通事故裁判における支払判決に基づく基準で、計算方法や金額については、「損害賠償額算定基準」に記載されているもので示談交渉を行います。

どの基準で計算するかによって慰謝料の相場は上下変わりますので、保険会社から示談金の提示があった場合は弁護士にご相談下さい。

また、後遺障害の等級や過失割合についても納得できない場合も相談して下さい。

後遺障害11級で慰謝料が増額する画像

後遺障害11級のケースを想定しています。