交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

交通事故 鼻の後遺障害

鼻の障害

鼻の後遺障害としては、以下のものがあります。
欠損障害:鼻がなくなった。
機能障害:鼻呼吸が困難となった。
脱失・減退・機能障害:嗅覚がなくなった。

等級/別表第2障害の程度
9級5号鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

鼻の欠損について

鼻の欠損とは、大きく区分すると外鼻と鼻腔とに分けられます。外鼻は顔の中央部の三角錐の部分で、その上半分は鼻骨、下半分は軟骨で形成されています。このうち外鼻の軟骨部の全部又は大部分を欠損したものが、鼻の欠損の対象となります。

鼻の欠損は、その程度により、外貌醜状(外貌に著しい醜状を残すもの7級12号、外貌に相当程度の醜状を残すもの9級16号、及び外貌に醜状を残すもの12級14号)として認定されることがあります。鼻の欠損と外貌醜状は、それぞれの併合することなく、いずれか上位の等級によることとなります。

機能障害について

鼻の欠損を伴わない機能障害(嗅覚脱失、鼻呼吸困難)は後遺障害等級表上、定められておりませんが、以下のように判断されます。

嗅覚脱失とは、T&Tオルファクトメーターによる基準嗅覚検査の認定域値の平均嗅力損失値が5.6以上の場合をいいます。この場合12級相当

鼻呼吸困難とは、鼻の欠損を伴わない場合であっても、鼻呼吸困難の障害を残す場合をいいます。この場合12級相当
嗅覚の減退とは、T&Tオルファクトメーターによる基準嗅覚検査の認定域値の平均嗅力損失値が2.6以上 5.5以下の場合をいいます。この場合14級相当

まとめ

鼻の後遺障害についていかがでしたでしょうか。

後遺障害は、保険会社に言われるままに進めることなく、正しい知識を持って取り組んでいただければと思います。それには、交通事故問題に特化している弁護士に相談されることをおすすめします。

後遺障害慰謝料の等級別による賠償基準例

慰謝料には「自賠責基準」「任意保険基準」そして弁護士(裁判所)基準という3つの基準がありますが、過去の裁判例を参考にする裁判所基準が最も高額な慰謝料を獲得する事ができます。
この裁判所基準による慰謝料を獲得するには、交通事故に特化した弁護士に依頼する事で、慰謝料が数百万円以上増額する可能性があります。

後遺障害者等級自賠責保険基準任意保険基準裁判所基準
第1級1,100万円各保険会社が独自に定めていますが、自賠責保険基準よりやや高いが、ほぼ同額がほとんどです。2,800万円
第2級958万円2,370万円
第3級829万円1,990万円
第4級712万円1,670万円
第5級599万円1,400万円
第6級498万円1,180万円
第7級409万円1,000万円
第8級324万円830万円
第9級245万円690万円
第10級187万円550万円
第11級135万円420万円
第12級93万円290万円
第13級57万円180万円
第14級32万円110万円