交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

交通事故 神経系統の機能(むち打ち症を含む)・精神の後遺障害

神経系統の機能又は精神の障害についての認定等級と認定の基準は以下の表のとおりです。

中枢神経系(脳)の障害とは

交通事故で頭部を受傷し、一定期間治療を受けても記憶力、判断力、注意力等が低下したり、性格が変化したりする障害が残ってしまい、高次脳機能障害が問題となるケースが多くあります。

等級/別表第1障害の程度
介護1級1号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

身体機能は残存しているが高度の認知症があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的介護を要するもの

等級/別表第1障害の程度
介護2級1号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、一人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声かけや看視を欠かすことができないもの

等級/別表第2障害の程度
3級3号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

自宅周辺を一人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声かけや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの

等級/別表第2障害の程度
5級2号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの

単純繰り返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には職場の理解と援助を欠かすことができないもの

等級/別表第2障害の程度
7級4号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの。

一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの

等級/別表第2障害の程度
9級10号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業持続力などに問題があるもの

むち打ち・骨折等による痛み・しびれの後遺障害とは

軽度神経症状の認定基準

頚椎捻挫後の頚部痛・手のしびれ、腰椎捻挫後の腰痛・足のしびれ、骨折後の骨折部の痛み等の症状(軽度神経症状)が一定期間治療を受けても残ってしまうケースは数多くあり、自賠責保険の後遺障害等級認定実務上も最も請求の多い障害となっています。

等級/別表第2障害の程度
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの

通常の労務に服することはでき、職種制限も認められないが、時には労務に支障が生じる場合があるもの(他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの)

等級/別表第2障害の程度
14級9号局部に神経症状を残すもの

14級は12級よりも軽度のもの(神経系統の障害が医学的に推定され、説明がつくもの)

後遺障害非該当

軽度神経症状について自賠責保険の後遺障害には明らかに該当しないと判断されてしまうケースがあります。
・ 治療期間が数ヶ月と短い場合
・ 症状が事故日から数ヶ月経過してから発生した場合
・ 治療中断の期間が数ヶ月認められる場合
・ 症状固定時の症状が違和感程度と軽度の場合

まとめ

神経系統の機能(むち打ち症を含む)・精神の後遺障害についていかがでしたでしょうか。

後遺障害は、保険会社に言われるままに進めることなく、正しい知識を持って取り組んでいただければと思います。それには、交通事故問題に特化している弁護士に相談されることをおすすめします。

関連する後遺障害

後遺障害慰謝料の等級別による賠償基準例

慰謝料には「自賠責基準」「任意保険基準」そして弁護士(裁判所)基準という3つの基準がありますが、過去の裁判例を参考にする裁判所基準が最も高額な慰謝料を獲得する事ができます。
この裁判所基準による慰謝料を獲得するには、交通事故に特化した弁護士に依頼する事で、慰謝料が数百万円以上増額する可能性があります。

後遺障害者等級自賠責保険基準任意保険基準裁判所基準
第1級1,100万円各保険会社が独自に定めていますが、自賠責保険基準よりやや高いが、ほぼ同額がほとんどです。2,800万円
第2級958万円2,370万円
第3級829万円1,990万円
第4級712万円1,670万円
第5級599万円1,400万円
第6級498万円1,180万円
第7級409万円1,000万円
第8級324万円830万円
第9級245万円690万円
第10級187万円550万円
第11級135万円420万円
第12級93万円290万円
第13級57万円180万円
第14級32万円110万円