交通事故問題を得意とする厳選された弁護士を掲載しております。どうぞご利用下さい。

後遺障害等級第3級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

後遺障害等第3級は、数ある後遺障害等級の中でも症状が重い部類に含まれます。後遺障害には第1級〜第14級までの等級が設定されていますが、その中でも1級〜3級は家事や学業も含めた社会復帰が事実上不可能とされる症状も多く含まれています。

今回は、そんな中でも後遺障害による労働能力喪失率が初めて100%を超える後遺障害等級3級に認定される症状についてご紹介していきます。

後遺障害等級第3級に認定される症状

下記の表に後遺障害等級3級と認定される後遺症(後遺障害)をまとめましたので、ご確認ください。

後遺障害等級『第3級』の労働能力喪失率及び保険金額

後 遺 障 害自賠責保険(共済)金額労働能力喪失率
1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの2,219万円100%
2号:咀嚼又は言語の機能を廃したもの
3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
※例)就学できない、家事労働ができないなど。
4号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
※例)自宅周辺の歩行は可能だが、生涯労務に服することができない状態。
5号:両手の手指の全部を失ったもの
※母指は指節間関節(IP)、その他は近位指節間関節(PIP)以上を失ったもの。

第3級1号|片方の眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの

交通事故によって片方の眼が失明し、もう片方の眼が0.06遺憾の視力になった場合、第3級の1号に当てはまります。矯正視力の意味合いも含みますので、メガネやコンタクトレンズを付けて0.06以上の視力になった場合、該当しません。

第3級2号|咀嚼又は言語の機能を廃したもの

咀嚼とは、おかゆやスープなどの流動食以外が食べられない状態のことです。言語機能の喪失は、言葉がハッキリと発音できなくなる状態のことです。このどちらかに該当すると、代3級2号に該当します。

第3級3号|神経系統の機能又は精神に著しく障害を残し、終身労務に服することができないもの

生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、労務につくことができない状態とされます。

第3級4号|胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

胃や食堂などの腹部臓器に加えて、呼吸器系や循環器系の部位における障害も対象になります。自力での日常生活は可能であっても、これら障害により労務につくことができない状態となってしまった場合、第3級4号に該当します。

第3級5号|両手の手指の全部を失ったもの

母指の場合は指節間関節、その他の指の場合は、近位指節間関節以上失ったものを指すとされ、a手指を中手骨又は基節骨で切断した場合、b近位指節間関節において、基節骨と中節骨とを離断した場合が該当します。

後遺障害等級第3級と認定される症状と獲得のポイント

次に、後遺障害等級第3級に認定される症状には、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

表:後遺障害等級第3級となる症状の例

認定された後遺障害 第3級傷病名
上下肢麻痺等、3級3号外傷性頚髄損傷、四肢麻痺
高次脳機能障害、3級3号、左耳聴力障害、14級3号脳挫傷、外傷性クモ膜下出血、急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折
高次脳機能障害、3級3号脳脂肪塞栓症、右大腿骨・下腿骨骨折、右前腕骨骨折
頭部傷害後の症状が5級2号、左目の視力障害、8級1号頭部外傷、急性硬膜外血腫、脳挫傷、びまん性軸策脳挫傷、頭蓋骨骨折等
両上肢・体幹・下肢不全麻痺、歩行困難、片足起立不能、坐位保持困難、両上肢巧緻障害、3級3号頚髄損傷
胸腹部臓器の障害が3級4号左肘頭骨折、頭部打撲擦過傷、頚椎捻挫
知能の著しい低下、記銘力低下、精神障害、3級3号外傷性硬膜外血腫、脳挫傷、頭蓋骨多発骨折等

労務に服することができないのかどうか

後遺障害等級第3級の中でも、実質的な審査を行うことで認定されるポイントは「労務に服することができない」と言えるかどうかがポイントになります。

表:後遺障害等級第3級3号になる症状

概要神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
認定基準介護などは必要ないが労務につくことができない状態
高次脳機能障害 など自宅周辺を一人で外出できる

日常の生活範囲は自宅に限定されていない

介助なしでも日常の動作を行える

記憶や注意力散漫

新しいことを学習する能力の欠如

障害の自己認識ができない

一般就労が全くできないか困難な状態

脊髄障害軽度の四肢麻痺がある
中等度の対麻痺がある

呼吸器系の障害がある場合

神経系統や精神以外でも、呼吸器に障害がある場合にも3級が認定されることがあり、要するに呼吸器障害の為に一生働けないといえる障害の基準が示されています。

表:後遺障害等級第3級4号になる症状

概要胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの。
認定基準以下のいずれかの場合で、随時介護が不要な場合は3級となる場合があります。

●動脈血の酸素圧力が50Torr以下の場合
●動脈血の酸素圧力が50Torrを越え60Torr以下
●動脈血の炭酸ガスの圧力が37~43Torrの限界値の範囲を逸脱する
●スパイロメーターの呼吸気量が1秒量≦35
●肺活量≦40でありかつ連続して100m以上歩行できない

典型的な症状には高次脳機能障害ですが、常に介護が必要ではないけれど、就労するために必要となる記憶力や注意力、学習能力などに大きな障害がある場合は、後遺障害等級第3級になることが多いでしょう。

適切な後遺障害認定なら弁護士に相談

適切な後遺障害等級の獲得を望むなら、まずは「被害者請求」を行っていただくのが最も確実です。また、交通事故を得意とする弁護士に依頼する事で、等級認定ももちろんですが、さらなる保険金増額を見込めます。

その他にも、

  • 保険会社との有利な交渉をしたい
  • 示談の最適なタイミングがいつが良いのかわからない
  • 固定症状までにやるべきことはなにか
  • 面倒な書類作成を任せたい など

こういった実務を代行してくれることも弁護士に依頼するメリットです。もし交通事故の後遺障害にお悩みでしたら、一度弁護士への相談をご検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

後遺障害等第3級は、数ある後遺障害等級の中でも症状が重い部類に含まれます。家事や学業も含めた社会復帰が事実上不可能とされる症状も多く含まれています。、保険会社に言われるままに進めることなく、正しい知識を持って取り組んでいただければと思います。

関連する後遺障害

1級  ▶ 後遺障害等級1級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

2級  ▶ 後遺障害等級第2級の症状と認定を受けられる後遺症の具体例

4級  ▶ 後遺障害4級に認定される症状と適切な等級を獲得する方法

5級  ▶ 後遺障害等級5級を獲得できる症状と慰謝料を増額させる方法

6級  ▶ 後遺障害等級6級に認定される症状と獲得できる慰謝料

7級  ▶ 後遺障害等級7級の慰謝料と認定される症状まとめ

8級  ▶ 後遺障害等級8級に認定される症状

9級  ▶ 後遺障害等級9級の症状と慰謝料の相場・増額方法

10級  ▶ 後遺障害等級10級となる症状と慰謝料の相場

11級  ▶ 後遺障害等級11級の症状と正当な等級を獲得する手順

12級  ▶ 後遺障害等級12級の適切な慰謝料を獲得する7つの知識

13級  ▶ 後遺障害等級13級とは?慰謝料相場と慰謝料獲得の手順

14級  ▶ 後遺障害等級14級とは?慰謝料相場と慰謝料獲得の手順

全国の弁護士を探す